ジャックの選び方

ジャックと聞くとSwitchcraftと思う方、沢山おられると思います。

今回はSwitchcraft社に限らずエフェクターに使える

インプット・アウトプットジャックについて説明していきます。

まず、ジャックの見た目を選びましょう

BOX型と呼ばれる上の写真のエフェクターで使われているものと

オープン型と言われている下の写真の右端のやつがあります。

実はこの見た目で選ぶことは結構大事で、

BOXタイプだとふいに線がちぎれてジャックに刺さってるプラグにひっかかったりしないし、

ジャックの下にジャックに絡まらずうまく配線できるからです。

はんだづけをするところがちょっと小さいのでなれないとダメかもしれません。

それにケースに組み込んだ時に直線で中を仕切っているような具合で、見た目が綺麗ですし。

基盤の大きさとジャックの位置を考えれば基盤が変に動くのをふせげますし。

僕はエフェクターには、BOX型をつかっています。

モノラルかステレオか

一般的には、

インプットにステレオジャック、

アウトプットにモノラルジャックが使われます!

モノラルよりステレオのジャックの方が端子が一つ多いです。

これは、インプットに一つ機能をつけるのに役立ちます。

インプットにはアウトプットにない機能をつけます。

挿したら電池オン機能です

皆様御存知のように市販のエフェクターで電池使用のとき、

エフェクターを使わない時はジャックからケーブルを抜きますよね?

あの機能をつけようという話がこれです。

ACアダプターしか使わない人は、別にインプットにステレオジャックを使わなくてもいいです。

しかし、大体のレイアウトはステレオジャック用で配線がかいてあるので、

初心者の方はその通り作るのがよろしいかと思います。

次、絶縁タイプか否か

Leqtiqueお持ちの方、

インプットジャックとアウトプット・ジャックの違いを探してください。


上がインプット、

下がアウトプットです。

違いはずばり色です。差込口の色が違いますよね。

これは素材が違うからです。黒の方はプラスチックになっています。

ここの差込口が金属だと、ケースにジャックを固定すると、

差込口とケースが電気的につながりますよね?

これがインプット・アウトプットジャック両方でつながるとなると、

ケースを通してGNDループになりノイズが発生する可能性があるという話で、

ノイズ削減を究極に追求するLeqtiqueは、

一点アース(GNDループをおこさないためにケースへのアースを1点で落とす方法)をするために

アウトプットジャックの方を絶縁タイプにしているのです。

別にインプットジャックの方でもいいと思います。何か意図があるのかもしれません。

値段の問題かな?

僕はあんまり気にしなくてもいいんじゃないかなーと思ってますが、

こだわれる余地がなくなるまで試していくのが自作は楽しいので、

僕もLeqtique式1点アース採用しています。

Leqtique式と書いたのは本当の1点アースとはちょっと違うからです。

ちなみに基本的になにも書かれていないものは絶縁タイプでないものです

メーカーは?

一番有名なSwitchcraftだと一番上の写真のように端子が全部先端についてます。

これが結構便利です。

Leqtiqueさんの画期的なところは、

インのGNDとアウトのGNDを端子同士ではんだづけしているところです。

こうすることでジャックが緩んでもケースから外れず、

その辺の線を巻き込んで起きるようなトラブルを防止しています。

ちなみにSwitchcraftの製品は頑丈に思います。

プラグにしろジャックにしろ安心感のようなものがあります。

プラグをさせばそう簡単に抜けません。きっちりハマるそんな感じがします。

抜けてほしくないギターのジャックには持って来いですが、

ボードに固定するようなエフェクターには必要ないかもしれません。

僕はよくマル信無線のジャックを使っています。

安いですし品質もよい、ただSwitchcraftと比べて若干抜けやすいのと、

あと端子が差込口と先端に別れて配置されているので、

少しハンダ付けしにくく線を伸ばさないといけなくなるので、

下の写真のように少し配線が汚く見えます。

本家の本気の手配線TS/サウンドハウスでチェック!
本家の本気の手配線TS/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!