オペアンプの音 比較メモ

こちらのレポートは、Vox pathfinder 10をモディファイした時に

オペアンプをコロコロ変えてまとめたものです。

大体はエフェクターでも同じ感じだと思いますが、

とても個人的な意見なので、まあひとつの意見として捉えてください!

オーバードライブチャンネルで比較

VOXのpathfinderには、

Overdriveチャンネルというのがついてまして、

簡単にいうとディストーションがアンプに入ってます。

それをオンにして引き比べました。

JRC4558d

汚いロックのおいしい音がでない。

スムーズすぎる。

どうもこもって聞こえる。

チューブのこもりとは違うくてなんか引っ込んだ感じ。

RC4558

JRC4558と比べて、荒い感じがして好き。

低価格帯で一番好き。

このへんのニュアンスはトーン回路でいじりにくい。

LT1364

クリーンには全くといいほど向かない。

百均のスピーカーの音がする。

が、しかし、オーバードライブスイッチをオンにした瞬間化ける。

オーバードライブというか回路的にはディストーションだが、

正直この設定だとLT1364が抜群によい。

これはいいアイデアをみつけた。

このオペアンプを使ってディストーションを作れば、素晴らしいものができそうだ。

よく考えると耐圧を無視していたのかもしれない。

TL072

FET入力の定番オペアンプ

うーむやっぱり普通のオペアンプとはちょっと質感がちがうなー。

ちょっとチューブぽいこもり方をする。

もうちょい高域が暴れて欲しいなー。

AD746とAD712

746は僕が好きなやつで、712はレクティークのノキナ氏がすきなやつ。

712はスムーズで高域もうもれないし、賢い感じがするオペアンプ。

ただ、なんか俺の好きな感じじゃない。

746は712より低域が出るような気がする。

気がするだけ。なぜかこっちの方が好き。なぜだろう。分からない。

多分どっちもFET入力。TL072と同じようなものを共有している。

ひたすら聴き比べ弾き比べた結果

OPA2604が前段

AD746が後段になった。

クリーンチャンネルの音を担当している前段増幅にはOPA2604が良かったです。

このアンプに付いてるオーバードライブの質感はとても好みなので、

なんとかノイズを下げて、

抜けを上げようと思っていましたが、

抜けにいたってはオペアンプ交換でかなり改善しました。

やっぱり面白いですねオペアンプって。

久しぶりにワクワクした日でした。

ではまた。

古き良きVOXサウンドを再現したOD/サウンドハウスでチェック!
古き良きVOXサウンドを再現したOD/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!