OS-CONの注意点

エフェクターの電源回路にこれ以上最適のコンデンサがあるか!?

そう思わせるOS-CONです。

よく、OSコンはオープンモードで故障するからタンタルより良い

というのをききますがちょっと語弊があったり…

今回はそのOSコンにまつわる不安を解消したいと思います。

故障モードについて

実は、OS-CONには二通りの故障モードがあります。

経年劣化して壊れた時は

オープンモード

過電圧かけてこわした時は

ショートモード

タンタルコンデンサは、

経年劣化でもショートモードで壊れるため

電源部に適さないということになります。

OSコンはここが違うんです。

OSコンは経年劣化ではオープンモードで壊れるため、問題ないです。

ただし逆電圧をかけたり、過電圧をかけたりするとショートモードで壊れますのでご注意ください。

こちらはPanasonicが出しているOS-CONの注意事項ですのでご参考になさってください。

エージングの話

細かい原理的な話は抜きにして、概要だけ説明します。

OSコンは熱に弱いです。

ハンダづけが下手くそだと思われる方は使うべきではありません。

こて先温度:400 °C±10 °C以下 作業時間:5 秒以下

というのが推奨条件です。

うまく出来たとしても、OSコンが本領発揮するまでには結構時間がかかるので、

エージングしてください。

この辺をわかっていれば,

エフェクターの電解コンデンサを置き換えて

OSコンを使う場合はだいたい大丈夫だと思います。

あとひとつだけ、セラミックをパラると発振する可能性があるので、

OSコン単体で使われるのが無難かと思います。

ではまた。

シールドが要らないBOSSのワイヤレス/サウンドハウスでチェック!
シールドが要らないBOSSのワイヤレス/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!