ポットの配線の仕方

この前は、ポットの選び方について話をしましたが、

ここでは配線の仕方を書いていきます。

ポットの足(端子)の番号から覚えましょう!

レイアウトには基本的にポットの配線図は書かれておらず、番号だけが書いてあります。

簡単です。

僕はB100kとA2Mの向きで左から1、2、3とおぼえています。

ポットの配線の仕方

基本的にポットは下の写真のような端子をしてます。

音的にも耐久性的にも一番良い方法

音もそうですが、

ポットの固定が外れるとケース内で、

ポットが暴れて断線してしまうことがあるので耐久性も大事です。

一番良いのは、下の写真の2本の青線の様にくるくる端子に巻きつける方法です。

ただし、これはポットが壊れない前提の配線です。

これが少々めんどくさい人は、赤線のようにしてももちろんかまいません。

しかし、ちゃんとケースにポットを固定してください。

端子の表か裏かどっちから線を通すかは、

そのとき場合に応じて適宜対応してください。

ポットの周りは、線がいっぱいつながっていて

かさばるので取り回しがしやすい、撚り線をおすすめします。

ではまた。

本家の本気の手配線TS/サウンドハウスでチェック!
本家の本気の手配線TS/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!