ハンダの選び方

ぶっちゃけましょう!

僕は普段安いハンダを使っています!

良いハンダを使うと実際どうかにかかわらず、

第一にプラシーボ効果で良い音がなってるような気がすると思います。

音楽は確かにフィーリングが大事とも思いますので、それはそれでいいと思います。

しかし、ハンダ付けで変わる音の善し悪しとは美しさによるものがけっこう大きいんです。

とりあえず普通のハンダを

この記事は初心者の方向けに書いています。

だからハンダは安いのでいいよと言っていることをまずご理解頂きたく思います。

安いハンダとさっきから言っていますが、僕が言いたいのは銀入りでないということです。

鉛40鈴60%の一番普通の合成のハンダを安いハンダと呼んでいます。

銀入りハンダは初心者の方には使いにくいです絶対。

溶けにくく使いにくい

イモハンダになったりハンダ不良を起こす

音が悪くなる

この図式が目に見えているので、ハンダは普通の安いのでいいということです。

普通の安いハンダは実に使いやすいです。

もう本当に素晴らしい溶け具合。

うまくハンダ付けができます。

必ずヤニ入りをかってください。

あ、ちなみに銀入りでも使いやすいのはあります。もちろん。

デジマートさんがやっているデジマート地下実験室というすばらしいコラムがあるのですが、

そちらに半田の音色の違いとイモハンダのダメさが書かれていますので参考にしてみてください。

良いハンダよりイモハンダにしないこと

いくら高級なハンダ、

銀が入っているものを使ってもイモハンダすれば

そのハンダの良さというのが失われるということがわかると思います。

素材の合成比より腕の問題といえます。

もちろんハンダ付けに慣れている人なら銀入りでもなんの苦もなくハンダ付けできます。

でも僕はできるだけ銀入りとかは使いません笑

DAYTON AUDIOというとこが出しているやつは、結構なれている僕でもめっちゃ手こずりました。

銀4%の壁はでかい。

初心者の方は、

まずは安いハンダで練習をしてからご自身の判断で銀入りを使うのが望ましいと思います。

出音というのはハンダの音色の違いよりもアンプやToneのセッティングで随分変わるので、

なんとも言えないのが事実ですが。

銀入りがベストなのか

歪みのエフェクターなんていうのは、

高級オーディオ機材ではないので

安物のハンダのほうがいい感じになるっていうこともありえるので、

実になんとも言えないです。

結局はどっちがよいかというより、

どういう音にしていきたいかで選ぶのが良いと思います。

ヤニにも種類がある

ヤニ入りじゃないとはんだは使いにくいのですが、

ヤニにも種類があって、

使った後に洗い流した方がいいものもあります。

長期的にみるとヤニが基盤に残っているせいで、

回路に悪さする可能性があるんですね。

僕は普段の実験用には、千住金属のスパークルハンダをつかってます。

しかし、これはヤニが活性型なので、洗い流した方が良い部類のものです。

なので、長いこと使うことを視野に入れたものを作るときは、

無洗浄はんだをつかいます。

これがたまたま近くで売ってたので買ったのですが、

正直細すぎて使いにくいです。

僕の経験上は直径0.8mm~1.0mmの方が初心者の方にはおすすめです。

これも一応無洗浄可なので、おすすめです。

RMAとついているものは、無洗浄でいいです。(本当はした方が良い)

エフェクター用途では、RMAで十分かと思います。

ではまた。

老舗オヤイデからハンダが登場/サウンドハウスでチェック!
老舗オヤイデからハンダが登場/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!