スイッチの選び方

ここではフットスイッチと

クリッピング切り替え用に使われるトグルスイッチに付いて説明します。

フットスイッチの選び方

注意点はたったの2つです

  1. 3PDTであること
  2. オルタネイト(モメンタリでない)であること

3PDT

3pdtと書かれたスイッチを買えばエフェクターでは完璧です。

ただ端子の形状にだけは、注意したほうがいいかもしれません。

PCB端子というものは、基盤取付用なので配線しにくいです。

商品画像を見て、端子に穴が開いている者を選びましょう。

オルタネイトについて

モメンタリのスイッチは踏んでいる間だけonになるので、

歪みのエフェクターには不便です。

トグルスイッチの選び方


こういうレバーがあるスイッチのことをトグルスイッチといいます。

クリッピング変更に使われたりします。

一般的に用いられるのは3つ端子があるやつでしょう。

レバーを動かすことで、

真ん中を真ん中以外のどっちの端子と

結線するかを変えるのがトグルスイッチです。

選ぶ際の注意点は3点あります

1.ケースに取り付けれるか

ネジが切っていない基盤取り付け用もあるので間違わないようにしましょう。

2. いかに小さいか

エフェクターの中は結構ごちゃごちゃするのでやはり、小さければ小さいほど便利です。

3. ON-ONかON-OFF-ONか

ON-ONというのは、さきほど言った、真ん中とどっちの端子をつなげるかというスイッチです。

ON-OFF-ONとはどっちともつなげないという選択肢の増えたスイッチです。

LandgraffのDynamic over driveはON-OFF-ONをつかっていて

OFFのときクリッピングダイオードを通らないようにしています。

配線の方法はまた別記事で紹介してます。

ではまた。

あのJan Rayの元になったと言われているOD/サウンドハウスでチェック!
あのJan Rayの元になったと言われているOD/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!