カーボンコピーは最高だった

今回ちょっとMXRのカーボンコピーというのをレビューしてみます。

元々、JOYOの安アナログ・ディレイ(実はデジタル)を使っていたのですが、

あれはあれで良かったのですが、

これはもう正直いって最高です。

最高だと思った点!

正直このディレイはかなりアナログチックな音がするので、

キレイなやまびこ効果を期待する人にはあんまり合わないかもしれません。

僕の場合は、シューゲイザーみたいなホワンホワンしてるのが好きだったりするので、

このディレイの音はかなり好みです。

特にMODスイッチです。

MODスイッチ

多分ですがこのスイッチは好き嫌いが別れると思います。

簡単にいえば音をコーラスみたいに揺らすスイッチです。

Time と Width 揺れる速さ?と揺れる幅を裏のトリマ(写真の白いの2つ)でかえれるのですが、

初期設定では揺れ幅が広すぎて、

Detuneかけたみたいで、

ピッチがあってないように聞こえて個人的にイマイチだったので

Widthを結構さげました。

ついでにTimeもちょっと遅くしました。

するとまあ、なんとも艶めかしい音になりました。

MODオンだとフアーンて艶めかしいんですよ。

オリジナルの曲にシューゲイザーっぽいのがあるんですが、

それとかに結構MODが映えます。抜群にマッチします。

クリーントーンにうすーくBD-2かけて、

リバーブかけて艶めかしいクリーンを作るときにも

かなりいい感じのサウンドが作れます。

クリーントーンやるのにいいボタンです。

ディレイは多分一生このままこれつかいますね。

見た目が最高にかっこいい

エフェクターの見た目を僕は結構、重要視していたりするんです。

ギタリストは音で勝負だ、見かけじゃねーよ。

てな話でもあるんですが、

まあいいじゃないですか、音もいいんだし。

プラセボで音の良さを倍増してくれるし。

青のLEDがいいです。かっこいいです。

ちなみに光の加減で黒に見えたり深緑に見えたりしますが、

普通の明るさだと色は黒緑ラメ入りって感じですかね。

いい感じの色です。

残念なところはとくにありません。

まとめ

簡単に説明すると、

普通のアナログディレイにMODスイッチが付いただけです。

アナログディレイは暖かみがどうだとか言いますが、

JOYOのアナログディレイとCarboncopyの差は僕の耳ではそこまでおお!って程ではなかったですね。

確かに音は違いますが、別にDelayでけだとJOYOでいいかもしれないです。

ただ僕はこのMODスイッチが最高すぎて、

カーボンコピーを買っちゃたんですよねー。

ではまた。

僕の中で最高のディレイ/サウンドハウスでチェック!
僕の中で最高のディレイ/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!