G1on レビュー第3弾 リバーブ

今回は、リバーブのレビューいきたいと思います。

前回はディレイのレビューしました。

リバーブは、設定が細かくできて素晴らしいです。

ではリバーブのレビューしていきます。

スプリングリバーブ

Spring’63というFenderのスプリングリバーブのモデリングが入っています。

以前使っていたG2.1NuにもSpringという名前のリバーブが入っていたんですが、

今回はFenderのスプリングリバーブをモデリングしたと名指ししていますので、

結構期待してました。

これ弾いてみたんですが、なんかしっくりこなかったですね。

あれ?Fenderのリバーブってこんな感じだったかなーと

感動はなかったです。

ちょっとした工夫でいい感じに

Fenderのリバーブは真空管をつかってるので、ちょっと歪んでるですよね。

歪んでるとは認識できないレベルの歪みがあると思います。

というわけで、Fender系の音のBD-2を手前にかましてうっすら歪ませて、本当にうっすら。

プリアンプ的に使うといい音しました。

あーこういう感じやったようなーってすこしフェンダー感が増します。

でもやっぱ’63のFenderのスプリングリバーブのいうとこれですかね(笑)

本家リバーブだけ詰め込んだ箱/サウンドハウスでチェック!
本家リバーブだけ詰め込んだ箱/サウンドハウスでチェック!

HD HALLというのがおすすめ

Spring’63はちょっと期待はずれでしたが、

HD HALLというリバーブはかなりいい感じでした。

以前からZOOMにはHALLという名前のリバーブが入っていてかなり好きだったんですが、

HD HALLというのはさらにHALLに奥深さを足したような

非常に密度の高いリバーブです。

地味に良かったMOD Reverb

名前からして、音を揺らす効果のついたリバーブです

あんまりイメージできなかったのですが、

使ってみるとなかなか良かったです。

奥深いクリーントーンを追求する人には新たな選択肢になると思います。

こいつはかなりいいです。

PreDというパラメーター

このパラメーターはG2.1Nuにはなかった気がするんですが、

原音が入力されてから残響音が始まるまでの時間を設定できます。

これによってものすごい音作りの幅が広がります。

ボーカル用のリバーブとしてもいじりようによっては使える。

このパラメーターでものすごいポテンシャルがあがってます。

でも、このパラメータはなかなか微妙な変化なので、

初心者の方だと変化がわからないかもですが、

難しいということはありませんので大丈夫です。

まとめ

僕の結論としては、

正直リバーブはアンプについてるのでいいです。

ただ、ころころ足で変えれるというのは大きな利点ですね。

しかし僕の場合は結構リバーブかけっぱなしが多いので、

ころころ足で踏みかえる必要がありません。

やっぱりアンプについてるヤツのほうが音もいいです笑

というわけでこのリバーブは補助的に使いたいと思います。

それかシューゲイザー系の空間バリバリ系音楽をやるときに使います。

ただこの値段で、

プレートリバーブ、スプリングリバーブ、ルームリバーブ、ホールリバーブ

これだけ扱えるとなるとやはり魅力的ですね。

ではまた。

葛飾北斎的リバーブ(笑)/サウンドハウスでチェック!
葛飾北斎的リバーブ(笑)/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!