G1on レビュー第2弾 ディレイ

前回は歪みのレビューしました。

今回は、ディレイのレビュー行きたいと思います。

結論からいうと、ディレイかなり優秀です。

MXR Carbon Copyのモデリング

僕がこのG1onに1番期待していたのは、

MXR Carbon Copyのモデリングです。

以前使っていたG2.1Nuには入っていなかったんですね。

それっぽいモノのは入っていたっちゃ入っていたんですけども….

今回ZOOMは完全にCarbon Copyのモデリングといって入れてきています。

僕の中で最高のディレイ/サウンドハウスでチェック!
僕の中で最高のディレイ/サウンドハウスでチェック!

持っているエフェクターで1番好きなのがカーボンコピーなので、

G1onはかなり期待してました。

ZOOMで、カーボンコピーが入っているコスパの良いマルチにはMS-70CDRもあります。

MS-70CDRとカーボンコピーを試奏で弾き比べしてきたことがあるんですが、

そのときは、ほぼ違いがわかりませんでした。

MS-70CDRとG1onは中身が似たような感じなので、

期待していたというわけです。

もちろん、70CDRはG1onの二倍値段がしますし、

積んでるチップも違うので、一概にはなんともいえませんが。

コンパクトサイズのマルチ/サウンドハウスでチェック!
コンパクトサイズのマルチ/サウンドハウスでチェック!

比較動画をつくりました

G1onのモデリングと本物のカーボンコピーの比較動画を作りました。

ちょっと見てみてください。

MODスイッチオフ状態で、比較するとほぼ違いはないなーという印象でした。

でも、やはりMODスイッチをONにして比較するとちょっと違うなという感じでした。

もちろんG1onはMODスイッチも含めてモデリングしているんですが、

G1onの方はMODのかかりが本家より弱い気がしました。

本家のほうが大きくかかる。

もっとフワフワします。

ここがちょっと違うなーという印象でした。

聴き比べるといまいちわからないかもですが、

弾き比べると結構違います。

MODスイッチありきのCarbon copy的なところがあるので、

Carbon copy求めてこのマルチを買うのはちょっとどうかなーって感じです。

おまけぐらいに思っておいたほうがいいかもです。

ただ、この違いに2倍の値段を払ってCarboncopy本家を買うかー?

というと微妙なところではありますね。

発振の仕方が違う

本家ほどエグく発振させられません。

また、発振させてディレイタイムをいじるという使い方にはむいてません。

ノブがうまく回せません。

発振は発振用のエフェクトが入ってる。

発振ってなんぞと思われた方は、

こちらの動画を御覧ください。

Tape Echoが相変わらず良い

G2.1Nuの時からテープエコー使ってますが、やっぱり好きですこの感じ。

普通にコンパクトのディレイ買うより、

G1onを買うっていう選択は大変コスパが良いのでおすすめできます。

デジタルなんでデジタルディレイが綺麗なのは当たり前なんですが、

アナログ系もかなり綺麗にかかります。

これがZOOMは空間系が強いと言われる所以ですかね。

歪みのコンパクトなんか一個とこれあれば大抵のことはできますね。

ディレイ2枚がけ可能

G1onは自分で好きにエフェクトを並べられるので、

ディレイ2枚がけも可能です。

これは結構大きなポイントだと思います。

ディレイ2枚かけるとまたユニークな音になっていいんですよねー。

テープエコー五枚までかけれました笑。

ものによると思います。

要はチップの処理が追いつくかどうかなので、

処理の軽いエフェクトなら5枚までかけれると思います。

エリック・ジョンソンサウンドを目指せ!!

まとめ

ディレイはG1onだけで基本的に事足りるというのが僕の結論です。

紹介しませんでしたが、ステレオディレイもかけれますし、

飛び道具的なのも入ってます。

本当にコスパが良いですこのマルチエフェクター。

また、解説動画も出していますので、

こちらからどうぞ。

では、また。

BOSSの高級マルチエフェクター/サウンドハウスでチェック!
BOSSの高級マルチエフェクター/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!