G1on レビュー第1弾 歪み

結論からいってこのマルチ、素晴らしすぎます。

もちろんもっと高いカネを出せば、もっとすごいのかもしれませんが、十分です。

ギターをのんびり弾いてきた永遠初心者のような僕には、ぴったりかも知れません。

とりあえず、初心者の方におすすめです。

この値段で良い音がめちゃくちゃ作り込める笑

細かい設定ができるということで、

少しややこしいところもありますが、勉強次第で大丈夫でしょう。

使い方の解説動画もつくりました。

Youtubeにアップしているのでこちらからどうぞ。

というか、最終的にはこれぐらいは操れたほうがいいですよ!

では、第一回目として歪みのレビューしていきます。

アンプシュミレーター搭載

(今回アンシュミのレビューはしませんが、
一応最初のレビューなので、少し触れておきたいと思います。)

僕が前、使っていたZOOM G2.1Nuにも入ってはいたんですが、

数がめちゃくちゃ増えました。

アンプシュミレータとは、実際にある真空管アンプの音を再現したエフェクトです。

例えば、「Deluxe-R」という名前のアンプシュミレーターがあります。

名前からすぐわかっちゃうと思いますが、

Fenderのデラリバのアンプシュミレーターです。

デラリバは大阪の梅田のワタナベさんで、一度試奏させてもらったことがあるんですが、

雰囲気すごいんですよねー。

いかにもデラックスなリバーブですし。

にわか真空管アンプオタクには、最高です。

デラリバはサウンドハウスさんの方で見てもまあまあなお値段しますね…

気になる方はチェックしてみてください。

伝統的なサウンドを引き継ぐデラリバ/サウンドハウスでチェック!
伝統的なサウンドを引き継ぐデラリバ/サウンドハウスでチェック!

アンシュミは少々使うのが難しいので初心者の方は使わなくて全然いいと思います。

本題、ZOOM G1onの歪み

思ってたより、自然な音ですね。

聞いててマルチの歪みと気づく人はほぼいないと思います。

中になんのエフェクトが入っているかは、こちらをご参照ください。

OD-1のモデリング(なぜかトーン付き)や

昔ながらの2ノブBOSSコン/サウンドハウスでチェック!
昔ながらの2ノブBOSSコン/サウンドハウスでチェック!

TSのモデリングは、

オーバードライブのド定番/サウンドハウスでチェック!
オーバードライブのド定番/サウンドハウスでチェック!

結構良く出来てるなーと思いました。

普通に使えます。

でもやっぱり本物とはちょっと違いますかね。

コンパクト・エフェクターは、

弱めに弾くとまろやかな音がするような気がするんですが、

このマルチだとそういうことは、あんまりなかったですね。

まあでもかなり細かいところなので気になりません。

RATのモデリングの良さ

さて僕が一番驚いたことですが、それはRATのモデリングです。

Squeakという名前のエフェクトがそれです。

長年売られ続けてるディストーション/サウンドハウスでチェック!
長年売られ続けてるディストーション/サウンドハウスでチェック!

僕のRATは、モディファイしてあるので、元のRATの音はよく覚えてないんですけど、

現行のRATの音にかなり近い気がしました。

現行品の方が、ビンテージのRATより低音が出ないイメージなんですが、

荒いというか、

ハムバッカーでも低音域が、飽和しすぎないという感じです。

このモデリングは、現行品に近い感じでしたね。

かなり使いやすい音で、めっちゃ好きでした。

普通にライブで使える音でした。

これは、びっくりしました。

以前使っていたG2.1Nuにも同じRATのモデリングが入っていたんですが、

G1onのほうがしっくりきます。

一通りすべての歪みを弾いてみて

15個ぐらい入ってるんですが、そうですね、半分は使えます。

もう半分は僕はちょっとつかえないなーと思いました。

まあ好みの問題も大きいので一概にはなんともいえません。

この価格帯のマルチで、半分使えるだけでも結構すごいことです。

歪みのコンパクト買う値段より安かったりしますからねこのG1on。

1家に1台レベルで音も値段も良い最強マルチ/サウンドハウスでチェック!
1家に1台レベルで音も値段も良い最強マルチ/サウンドハウスでチェック!

最後に重要なアドバイス

このマルチの歪みを使う際にかなり気をつけた方が良い点が一つあります。

エフェクトのパラメータ(GAIN,TONE,LEVEL)を設定するとき、

LEVELをとりあえず20まで落とすことです。

100だと音がでかすぎて、アンプ側が歪みます。

どういう初期設定なのかなーと疑問に思うんですが、

一番使いやすい音を鳴らすには、まずLEVELを20まで落として、

GAINに応じて音量を変えることです。

こうすると格段に音がよくなりました。

というかLEVEL20ぐらいで、原音と同じ音量です。

なぜ20で同じ音量なのか全く不明ですが、

うちの環境ですと、LEVEL20ぐらいでちょうどバイパス時と同じぐらいの音量です。

これだけは覚えておいてください。

次回は空間系のレビューしたいと思います。

では、また。

シールドが要らないBOSSのワイヤレス/サウンドハウスでチェック!
シールドが要らないBOSSのワイヤレス/サウンドハウスでチェック!

こんな記事も読まれています!