G1on レビュー第1弾 歪み

結論からいってこのマルチ、素晴らしすぎます。

もちろんもっと高いカネを出せば、もっとすごいのかもしれませんが、十分です。

ギターをのんびり弾いてきた永遠初心者のような僕には、ぴったりかも知れません。

とりあえず、初心者の方におすすめです。

この値段で良い音がめちゃくちゃ作り込める笑

Read more

入力回路のハイパスフィルター

ついに入力部が終わります。

いやー結構たいへんでした正直(笑)

カップリングコンデンサとバイアス抵抗でできるHPF(High Pass Filter)についてやりたいと思います。

これを知っておかないとコンデンサとバイアス抵抗の値を決めることはできません。

また、少し前回やった入力インピーダンスの話を補足したいと思います。

Read more

バイアス電圧を作って与える

前回、信号の中心をバイアス電圧にして、

オペアンプを単電源で動かせるようになったぞーという話をしました。

その前の投稿で、R3という抵抗がバイアス電圧を与えるための抵抗で、

仕組みは今度説明しますと書きました。

この仕組みを今日は説明します。

なんの話かわからない方はリンク先から前の記事を見てください。

Read more

エフェクター入力部 概要

エフェクターの回路を作るとき基本的には、ツギハギです。

回路のタンスというのがあって、

引き出しにはそれぞれ名前がふられています。

トーン回路、EQ、増幅回路、電源部、昇圧、クリッピング、バッファ…..

回路を自作するときは、まずはこの引き出しからそれぞれ好きなものを取り出して、

横へ横へとつなげていく

これがエフェクター設計の一番簡単な考え方です。

原理編ではまずこの引き出しの中身を揃えることをしていきたいと思います。

今回は、基本的に1つのエフェクターには絶対入っている、

振幅の中心を変える回路を中心にインプット部分を説明します。

Read more

ミスチル櫻井さん風エフェクター

ブルーフラワー仕様のエフェクターを作りましょうという企画です。

ブルーフラワーというのは、

昔Fenderがサイケデリックの流行に合わせて作ったテレキャスのことです。

個人的にこういうデザインはいまいち好みではないのですが、

Mr.childrenの桜井さんが持ってます。

なぜ今回これを作るのかといいますと、

僕の友達がミスチルさんの大ファンでして、

その人にいつも世話になってるので恩返しというやつです。

Read more