ついに発売!PPSE ’79

ご覧いただきありがとうございます。

我々、Vin-Antique (ヴァン-アンティーク)は、

この度ついにオリジナルエフェクターをローンチいたします。

その名も、

Pike Place Smoky Emerald ’79

ちょっとダサいですか?

名前の由来もこのページで話せたらなと思います。

ここからツラツラうんちくを語りますので、

値段だけ教えてくれ!

もう知ってる買うだけに僕のブログにやってきたんだ!

という方は、こちらのページへどうぞ!

 

PPSE’79

名前は、筐体のグレーががった緑色に由来してます。

昔ちょこっとだけアメリカのシアトルにいたことがあるんですが、

そこにパイクプレイスマーケットという市場がありまして、

そこでよく使われているアメリカンアンティークな緑色が好きで、

それをイメージして塗装してます。

また、画像をみてもらうと分かるのですが、

外壁の塗装などで、よく好まれるゆず肌仕上げにしてあります。

この塗装は、遠くから見ると凸凹感が薄まりまた違った表情になります。

 

はい、今回のローンチは「緑」がテーマなのです。

そして、79年というのはTSが世に生まれし年。

 

これがいわゆるTSです
これがいわゆるTSです

 

もうお分かりの方もおられるかも知れませんが、

そう、今回ローンチするPPSE’79はこのTSをベースにしています。

音色は一言でいうとTSのMID感はそのままに

プレゼンスを少し持ち上げ

ピッキングニュアンスが出しやすく

プリアンプ的にも使えるTSかな?

全然一言じゃないですが(笑)

音の分離感は結構いいんじゃないかなーと思います。

 

さっきTSをベースにしているといいましたが、実はあんまり原形をとどめてないです。

では内部画像を見ていただきましょう。

回路説明

まず左上にクリッピングダイオードが全部で6つあります。

非対称クリッピングを採用しています。

 

こんな感じでローゲインから非対称に軽くクリッピングしているので、

プリアンプ的に使っていただくことも可能です。

さて内部画像に戻りましょう。

みての通りICが2つ積んであります。

片方は、増幅用のオペアンプです。

アナログ・デバイセズのOP275です。

いろいろ試した結果、これが最も今回のコンセプトにマッチしていました。

OP275を採用したことによって、位相補償用のコンデンサ(黄土色のちっこいやつ)は100pFに増量しています。

もしご自分で違うオペアンプを試したいという方は、ここの値を小さくしたりしてみてください。

ちなみにここの位相補償用のコンデンサには精度も安定性も高いものを使っています。

さて、もう一つのICですが、こちらはICL7660Sという電源用ICです。

このICを使うことにより両電源駆動しています。だいたい±8Vぐらいで動いてます。

両電源にしたことにより、入力のカップリングコンデンサを省くことが可能になりました。

これによりダイレクトに、ギターの信号を増幅部分に入力する回路となっています。

少し電源の話をしたので、

電源に関わるコンデンサについて少し説明をさせてください。

OP275のすぐそばにある白い四角いコンデンサは、OP275用のバイパスコンデンサです。

これがついてないエフェクターもたくさんありますが、

やっぱりつけたほうが安心ということでつけてます。

4つある黒い円柱形の電解コンデンサは、

電源用に作られている日本製の信頼できるコンデンサです。

では、もう少しコンデンサの話をしましょう。

トーン回路には精度5%品の高精度のWIMAをつかっています。

めちゃくちゃ有名なフィルムコンデンサですので、説明する必要もないですかね。

そして今回の目玉コンデンサは、黄色い大きいコンデンサです。

僕の個人的なこだわりで、ここにはアキシャルタイプのでっかいコンデンサを載せたかったんです。

それに両電源駆動になったことで、信号経路に直列なのはこのコンデンサだけなんです。

だから半端なものは使いたくなかったわけです。

ドーンっていう余裕感みたいなものを出したかった。

それで、これまたいろいろ試した結果、

Illinois Capacitor製のコンデンサを採用しました。

このコンデンサを使っているエフェクターを他であまり見たことがありません。

ちょっと面白くないですか?

 

次に抵抗についてですが、

全てにメタルフィルム抵抗を使っています。

理由は単純です。

できる限り電流ノイズを減らしたいからです。

抵抗は熱ノイズと電流ノイズの2種類のノイズが発生するんですが、

熱ノイズに関してはカーボンとメタルフィルムに差はありません。

ただし、電流ノイズに関しては、メタルフィルムは構造上有利なわけです。

というわけで今回は全てにメタルフィルムをつかっています。

また一番電流が流れるところには、でっかい抵抗を使ってみました。

これまたちょっと面白くないですか?

 

次にポットですが、

これにもこだわりがありまして、

基本的に全部にこだわりがあるんですけどね。

ホコリが入らないカバーがついているAlpha製の信頼できるポットを使っております。

 

そして、最もこだわったといっても過言ではないフットスイッチ。

僕自身フットスイッチの踏み心地には大変こだわりがありまして、

ソフトだけどクリック感があるものがいいわけです。

これまたAlphaとかいろんなスイッチ試しました。

そしてめっちゃ押し心地最高なスイッチを見つけたわけです。

 

色は特別にオーダーしています。

写真ではわかりにくいですが、ブラウンカラーです。

これ単体で販売しようかなーというぐらいめっちゃいいスイッチです。

メーカーは秘密です。

 

次にLEDですが、

やっぱりVin-antiqueというのはコンセプトとして、

VintageかつAntique家具っぽいをイメージしていますので、

温かい色のLEDが良いわけです。

これはいろいろ試して一番自然な暖かさを感じた色のLEDにしています。

 

こんな感じで僕のこだわりがとても詰まっています。

もちろん電池対応です。

ここまで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

それでは価格の発表です。

 

価格とご購入方法

では、初期ロットのご案内です。

今回は、シリアル #2, 3, 4, 5の4台だけの生産です。

シリアル#1は、僕の好きなアーティストにプレゼントしました笑

 

そしてお値段ですが、

 

9800円(税込み)です。

 

送料は無料です!

 

発売日は…

実はもうこの記事の発表と同時に発売開始しています!

 

メールにて先着順に承っております。

今回は限定4台のみなのでお急ぎください!

 

メールアドレスは、

lab*vin-antique.com (*を@に変えてください。迷惑メール対策です。)

 

お支払い方法などご詳細は、ご購入いただける方に直接メールにてご案内いたします。

 

※一つだけ注意点があります。

完全ハンドメイドで塗装や文字の印刷等を行っているため、

音と関係のない部分、

細かいキズや塗装ハゲ、字のカスレ、滲み、穴の加工精度の甘さなどはどうしても出てしまいます….

ご了承いただきますことをお願い申し上げます。

アンティーク家具ぽい愛嬌だと思っていただける方のみご購入をお願いいたします。

音との関係は全くございませんので、音に関してはご安心ください。

 

プレゼントキャンペーン

また、シリアル#0000のアウトレット品のプレゼントキャンペーンも同時進行しております。

Vin-Antiqueの公式Twitterのプレゼントキャンペーンのツイートをリツイートするだけで応募完了です。

印字が薄いB級品を抽選で1名様にプレゼントいたします。

回路等は製品版と全く一緒ですのでご安心ください。

当選者にはDMを4月のはじめ頃にTwitterで送らせていただきますので、ご確認ください。

応募は、本日3月25日から3月31日の6日間のツイート分対象といたします。

印字の薄さは下記画像を参考におねがいします。

 

※もし、先着順でご購入対象になられた方が、

プレゼントキャンペーンにご当選された場合は、

キャンペーンを優先させていただきます。

 

それでは皆様よろしくお願いいたします。

こんな記事も読まれています!