PPSE’79 Version 2 説明書

3つのつまみ

トーンコントロール、ゲインコントロール、ボリュームコントロールのシンプルな3ノブ構成です。
直感的に使いやすいようになっておりますが、少し説明させていただきます。

Tone

音色を調節します。
トレブルコントロールに重きをおいたToneになっております。
PPSE’79では、本家TSよりもプレゼンスをもちあげています。
左に振り切った状態からトレブルを足していくという感じで操作すると使いやすいです。

Gain

歪みの量を調節します。
深く歪ませると低音が大きく聞こえます。
ハイゲインで使う際にはToneを右へ回しながらお使いのギターにあったポジションを探してください。

Vol.

音量を調節します。
通常はバイパス音と音量のバランスを取るように調節しますが、
時計回りに回してソロ時のゲインアップとヌケ感を与えるハイミッドブースターとしても使えます。

回路構成

ベースになった回路は、1979年に日本が世界に送り出したTube Screamerです。
ベースになったとはいえ、実際の回路はかなり異なったものになっています。
TSのミッド感、抜けの良さ、スムーズさはある程度残し、
トーンの効き方や、クリッピング、電源回路を大きく変更しています。

電源回路

チャージポンプICを使って負電源を作っています。
これによりエフェクターではちょっと珍しい両電源駆動になっております。
このICの耐圧が12Vですので、必ず9Vでご使用ください。過電圧による故障は、保証対象外になります。

クリッピング

シリコンダイオードによる2対4のちょっと珍しい非対称クリッピングとなっております。
これにより偶数次の倍音も豊富に出ているので、通常の対称クリッピングより倍音感が溢れでています。

コンポーネント

使用しているパーツはかなりこだわっています。
このパーツのこだわり具合で、この価格で出せているのはうちだけかも知れません。
安い理由は学生さんにも使ってほしいという思いと、
うちのブランドを知ってほしいという思いを込めて価格設定しているからです。
原価率高いよ…

抵抗

熱雑音については、カーボンとメタルフィルムに有意差はありませんが、
電流雑音を考慮しメタルフィルム抵抗を採用しています。

コンデンサ

周波数設定に関係するところは個体差を考慮し、精度の高いものを使用しています。
電源用のコンデンサは、220uFと大容量で低ESRのものを使っており、電源ノイズを減らしてくれています。PPSE’79では電源回路が音作りの根幹を支えています。

オペアンプ

増幅回路のオペアンプは、アナログ・デバイセズの高級オーディオ用ICのOP275を使用しております。
解像感もあり今回のコンセプトに最も適しているという判断から選定しております。

仕様

電源: 9VセンターマイナスACアダプター or 9V電池006P
寸法: 122mm(D) x 67mm(W) x 40mm(H) 突起物は含まない

保証

適正な使用範囲内での自然故障につき、
本書に記載のお買い上げ日より3年間無償修理とさせていただきます。
修理のご相談やその他のご質問は下記のメールアドレスにお問い合わせください。

お問い合わせ先: LAB@vin-antique.com